ノードの選抜

ノード発見プロセスの結果として、時間の経過とともに、ローカルノードは ネットワーク内のより多くのノードに気づきます。最終的に、既知のノードの数(よく知られたノードおよびそうでないノード)は、パートナーノードの数よりはるかに多くなります。

ノードは定期的にそのパートナーノードを再計算します。この再計算が行われると すべての既知のノードはビジーとして検出されたものも含め、パートナーノードになることができます。 デフォルト設定では、この再計算が信頼値の再計算よりも頻繁に行われます。 デフォルトでは、信頼値は15分ごとに再計算されます。

既知のノードはその信頼値によって重み付けされ、パートナーノードはランダムに それらの中から選択されます。より大きな信頼値を持つノード(より良いノード) がパートナーとして選択される可能性が高くなります。ほとんど通信しないノードは通常、 0またはそれに近い信頼値を持ちます。 ノードに自分自身を証明して信頼を築く機会を与えるために、 効率的に少し信頼を嵩上げして、 選択されてネットワークに参加する機会を得られるようにします。 信頼度の30%を、相互作用が10以下のノード間で均等に分散させます。

ネットワークが確実に接続されるように、ランダムなプロセスに1つの調整を加えます。 ローカルノードがよく知られたノードである場合、さらに、すべてのオンラインのよく知られたノード に接続します。ローカルノードがよく知られているノードでない場合、 1つのランダムな、オンラインの、よく知られているノードに接続されます。 これにより、すべてのノードが積極的に 少なくとも1つのよく知られているノードとのパートナーシップを結べるようになります。

results matching ""

    No results matching ""