重要度スコアの計算

重要度スコアψ\psiは以下で計算されます。

ψ=(normalize1(max(0,v+σwo))+π^wi)χ, \psi = (\text{normalize}_1(\text{max}(0, v + \sigma w_o)) + \hat{\pi}w_i)\chi,

ただし、

  • normalize1(v)\text{normalize}_1(v)vv\frac{v}{||v||}
  • vvは権利確定済の(vested)XEMの量
  • σ\sigmaは重み付きの外向きXEMトランザクション
  • π^\hat{\pi}はNCDawareRank10のスコア
  • χ\chiはグラフの構造的トポロジーを考慮に入れるための重みベクトル
  • wo,wiw_o, w_iは適当な定数

です。χ\chiはグラフのトポロジーを考慮し、クラスタのメンバーに属すノードに外れ値やハブよりも多くの重みを与えるためのものです。 外れ値・ハブは、クラスタに属すノードの0.9倍のスコアになります。 また、NEMではwow_oは1.25、wiw_iは0.1337です。

まとめると、

  1. 権利確定済みの残高(vested balance)
  2. 送金されたXEM
  3. トランザクショングラフのトポロジーの情報

の情報が、NEM経済圏におけるアカウント重要度のヒューリスティックな計算に用いられるということです。 さらに、重要度は恣意的に操作されたり遊ばれたりといったことがない(7.6節: 攻撃への耐性を参照)ので、重要度スコアはブロックチェーンコンセンサス以外の目的にも用いることができます。 例えば、これは一種の評判(reputation)であると解釈することも可能です。 スコアは一次元の値なので足し合わせることができ、投票やスパムの防止といった目的への流用ができます。 疑似匿名のアカウントを大量に作ったところで重要度をコントロールをすることができないため、匿名のままでも参加者同士が交流をすることが可能になるのです。

results matching ""

    No results matching ""