ノード間の交信

NEMネットワークのノードはトランザクションやブロックの情報をやり取りすることで常にお互いに交信しています。 新しい参加者に関する情報もブロードキャストしたり、既存の参加者に訪ねたりすることができます。

リモートのノードから情報を受け取ると、ノードはその情報の正当性と使用可能性をチェックすることができます。 その結果によってノードは交信(あるいは呼び出し)が「成功(新しい有効な情報を受信)」、「ニュートラル(有効だが既知の情報を受信)」、「失敗(無効な情報を受信)」のいずれかであったと判定します。

各ノードiiはノードjjとの交信の結果をsuccess(i,j)success(i,j)failed(i,j)failed(i,j)という形で記録します。ニュートラルな交信は記録されません。

results matching ""

    No results matching ""