評判管理による恩恵

ノードに評判管理の機構を導入することで、コミュニケーションのパートナーとなるノードを他のノードの算出した信頼値に基いて選択することができます。 コミュニケーションの相手は、重要性を考慮せず誠実さだけに基いて選ばれるので、ネットワークへの負荷を分散させることにもつながります。

また、この機構によってノード間交信の失敗数が劇的に減ることもシミュレーションによって確認されています。 悪意のあるノードが非誠実なデータとフィードバックのみを返している場合、容易に同定できます。(図6

仮に悪意のあるノード同士が共謀し、お互いに高い信頼値を与えつつ、誤ったデータやフィードバックを一定の割合にとどめているとしても、このアルゴリズムによって失敗する更新の割合を下げることができます。

図7

時々非誠実に振る舞うノードによる攻撃のシミュレーション

results matching ""

    No results matching ""