不適データのフィルタリング

さまざまな理由で不良なサンプルが生じる可能性があります。

  • 悪意のあるノードが間違ったタイムスタンプを提供する可能性がある。
  • 正直なノードが、実時間から遠く離れた時計をそうとは知らずに未同期の状態で持つことがある。
  • ラウンドトリップ時間は、インターネットの問題または 片方のノードが非常に忙しい状態であるため、大きく非対称になることがありえる。 これはチャネルの非対称性として知られており、 回避不可能です。

このような不良サンプルを削除するためのフィルタが適用されます。 フィルタリングは3つのステップで行われます。

  1. 期待された時間枠(例えば t4t1>100mSt_4-t_1>100mS)内にパートナーからの応答が受信されない場合、サンプルは破棄されます。

  2. 計算されたオフセットが一定の範囲内にない場合、サンプルは破棄されます。 ノードの稼働時間が増加するにつれて許容範囲が減少します。 ノードが最初にネットワークに参加したとき、既にネットワークに存在する同意されたネットワーク時間に適応するために高いオフセットを許容します。時間が経過すると、ノードは報告されたオフセットに関して、許容範囲が減少していきます。これにより、しばらくすれば、大きなオフセットを報告する悪意のあるノードが無視されます。

  3. 残りのサンプルは、オフセットによって並べ替えられ、次に両端でアルファトリムされます。言い換えると、オフセットが大きすぎるまたは小さすぎるサンプルを一定割合破棄します。。 (訳注: アルファトリム:サンプルの両端からそれぞれα%ずつサンプルを除いて求める平均値取得方法)

results matching ""

    No results matching ""