カップリングと閾値

ネットワークに参加したばかりの新しいノードは、オフセット時間をすでに確立されたネットワーク時間 にすばやく調整する必要があります。これとは対照的に、古いノードは 悪意のあるノードや新規参入者の影響をあまり受けないよう、より硬直的に振る舞う必要があります。

これを可能にするため、ノードは報告された実効オフセットの一部のみを調整します。 ノードは有効オフセットに結合係数(coupling factor)を掛けて最終オフセットを構築します。

各ノードは、実行した同期の回数を記録します。これはノードの年齢と呼ばれます。

この結合係数の式ccは次のとおりです。

c=max(e0.3a,0.1)c=\max(e^{-0.3a},0.1) ,ただし a=max(nodeAge5,0) a=\max(nodeAge-5,0)

これにより、5ラウンド間は結合係数を1とし、その後指数関数的に0.1まで減衰することが保証されます。

最後に、ノードは絶対値が所定の閾値(現在75msに設定されている)を上回っている場合にのみ、 計算された最終オフセットを内部オフセットに加算します。 これにより、 チャネル非対称を有するノード間の通信によってネットワーク時間がゆっくりとずれていくことを有効に防げます。

results matching ""

    No results matching ""