重要度委任トランザクション

NEMでは重要度委任トランザクションによって収穫力を別のアカウントに預けることができ、これを委任収穫(delegated harvesting)と呼びます。 これにより、オリジナルのアカウントは秘密鍵をリモートのサーバに明かすことなく、その重要度を使用して収穫を行うことができます。 つまり、これはコールドストレージ内のアカウントがその資本を危険に晒すことなく収穫を行うことが可能になるということを意味しています。

重要度委任トランザクションの料金は6XEMで固定です。

4.2.1 有効化

委任対象となるアカウントを指定した重要度委任トランザクションを行うことで、アカウントは委任収穫が可能になります。

重要度委任トランザクションがネットワークに受理された後、360ブロックの承認が得られるまで委任は完了しません。

それまではオリジナルのアカウントは収穫を行うことができますが、委任先アカウントは行なえません。 その後は委任先アカウントは収穫を行うことができますが、オリジナルは行なえなくなります。

4.2.2 無効化

収穫を委任されたアカウントに対して特別なトランザクションを行うことで、委任収穫を無効化する事ができます。

このタイプのトランザクションも、360ブロックの承認を行わない限り委任収穫の無効化は完了しません。

それまではオリジナルのアカウントは収穫を行うことができませんが、委任先アカウントは行なえます。 無効化が完了した後は委任先アカウントは収穫を行うことができませんが、オリジナルは行なえるようになります。

results matching ""

    No results matching ""