原文:What is Proof-of-Importance (POI) and Why Is It Better, and What Is Vesting?

翻訳:@CoffeeTimesTW CoffeeTimes

初めての POI に基づく P2P プラットフォームのロゴ

POIとは何か?

Proof of Importance、 Proof of Work、 Proof of Stake、これらは1つの共通点を持っています。それは、暗号通貨においてブロックが選ばれる順序を維持するための「アルゴリズム」であるという点です。これは、二重払いなどのことを考える際に重要になってきます。二重払いは普通のお金で、主に詐欺目的として起こることがありますが、いくつかの暗号通貨では、この二重支払いを防ぐために、ブロックチェーンを使って、取引の記録を実証しています。

なぜNEMの「POI」が非常に革新的であるかを理解するために、まずはPOWとPOSがどのようなものかを理解する必要があります。

POWは実装された一番初めのシステムであり、ビットコインやドージコインなどに使われています。

これらの暗号通貨を「稼ぐ」ためには、コンピュータを稼働させてマイニングする必要があります。そのコンピュータが大きな電力を使えれば使えるほど、マイニングによって稼げる可能性は高くなります。

なぜブロックを生成するために、お金も時間もかかる方法にしたのでしょうか?それは、大きなコンピュータパワーが必要になるにつれて、ブロックチェーンへ攻撃が難しくなっていくため、攻撃者が労力をかけて得られる対価が割に合わなくなるからです。つまりブロックチェーンへ攻撃する動機をなくすためです。

多くの暗号通貨は、取引の記録を参照できるブロックチェーンエクスプローラーの機能を持っています。ブロックチェーンの技術はファイルシェアリングや、資産所有者の証明など他にも多くのことに使うことができます。

しかし、まもなく人々は、大きな問題を理解し始めました。それはマイニングが一般の人々にはほとんど役に立たない、という点です。

なぜかというと、技術が進歩していくにつれて、人々は、ASICs(マイニングに特化したコンピュータ)にお金をかけるようになりました。その結果さらにエネルギーが無駄になっているのです。

今や、たった1つのCPUでマイニングをしても無意味です。高性能マイニング用コンピュータであるASICsのたくさんある部屋を持つ企業と戦わないといけないので、勝ち目はありません。ハッシュレートが0.1kHのCPU1つだったら、1週間たって稼げるのは1セント以下なのです!

その他の問題は、お金持ちが高価なASICsを使うにつれて、そのお金持ちはさらにお金持ちになっていくだけ、という点です。どういうことかというと、富は不公平に分けられ、2014年に開始したビットコインはトップ1%保有者が全体の80%のビットコインを保有しています。彼らはあまりお金を使わないため、ビットコインコミュニティに貢献しているとは言い難いのです。

この問題を避けるため、POSというシステムが導入されました。これはPeercoinという暗号通貨で最初に実装されました。従来のマイニングの代わりに、(電力ではなく)いくらPeercoinを持っているか、ということを指標に採用しました。

そうすることによって、より多く・より古くからコインを持っている人が、次のブロック生成の機会を与えられる(つまり報酬が得られる)ため、コンピューティングパワーに必要な電力が多く抑えることができます。

しかし、ここにも幾つか問題があります。お金持ちが次のブロックを生成しやすく、そこでさらにお金持ちがさらにお金持ちになります。お金持ちがさらに豊かになっていくという問題は先ほどのPOSと同じです。

そこでNEMの登場です。NEMの採用しているPOIは、持っているお金だけでなく、取引をした額や、取引をした人も考慮に入れて報酬を与えています。

つまりこれは、NEMネットワークを積極的に使う人が、利益を得られる仕組みになっています。この仕組みが優れているのは、富の分配の点です。NEMのネットワークに貢献した人は誰でも基軸通貨であるXEMを手に入れることができます。誰でも平等に機会を与えているのです。主な目的は、「世間一般の人」に力を与えることなのです。

この報酬制度は、「ハーベスティング」を通じて行われます。ハーベスティングとは、ノードがブロックを計算して、ブロックチェーンに追加するプロセスのことを言います。 このバーベスティングをするには、Vested balance(権限の与えられた残高)が10,000XEMを超えている必要があります。

しかし、Vestingとは何でしょうか?

Vestingとは何か?

まず最初にXEMを自分のアカウントに入金しても、1XEMもvestedされません。24時間後、残高の10%がvestedされます。さらに24時間後、vestedされていない残高の10%がvestedされます。XEMがウォレットに入っている間は、このサイクルが繰り返されます。取引をすると、vestedとunvestedの割合を変えずに、両方のコインが取引に使われます。

このvestの仕組みによって、信頼度を測ることができます。信頼度を高めるには、長い間コインを保持していたか、コインを多く保持している必要があるからです。例えば、100,000XEMを持っていたとしても24時間後のvested XEMは10,000XEMとなります。

一度十分なvestedコインを持ったら、ローカルハーベスティングか、委託バーベスティングで、マイニング(NEMではハーベスティング)することができます。

ローカルハーベスティングは設定が簡単ですが、委託ハーベスティングに比べて劣る点が多いです。

ローカルハーベスティングを始めるには、左のメニューからharvested blocksを選び、”Start local harvesting” をクリックしてください。

委託ハーベスティングに興味のある方はこちらをご覧ください。

さらに詳しいNEMの情報は、NEMのフォーラムをご覧ください。